CASESTUDY

西鉄バス北九州株式会社

https://nishitetsu-ktq.jp/

これまで実現できなかったバス停の電子化が可能に

業種

(西日本鉄道グループ)福岡県を基盤に鉄道路線、バス路線を持つ大手私鉄

導入ソリューション

時刻表を遠隔配信・管理するスマートバス停
「Smart Bus Stop Systems」

  • 目的

    バス停の電子化による作業負荷軽減・コスト削減、お客様の利便性向上

  • 導入効果

    • お客様の利便性向上
    • 業務量の大幅削減
    • ペーパーレス化推進
    • 深夜作業の撲滅
    • 緊急時の情報配信
    • 新たな事業収入

導入の背景

乗り合いバス事業を展開している西日本鉄道グループ様は、福岡県内だけでも約1万基のバス停を管理しています。ダイヤ改正やイベントに伴う一時的なダイヤ変更などの際に発生する、深夜から早朝にかけての時刻表張替え作業や、過酷な環境に耐えうる特別な用紙を使った時刻表の制作コストに、業務改善の要望があがっていました。

導入後

導入効果

  • 業務量の大幅削減
  • ペーパーレス化促進
  • 深夜作業の撲滅
  • お客様の利便性向上
  • 緊急時の情報配信
  • 新たな事業収入
IoT導入後

この事例への導入ソリューション