先進のIoT技術を活用し計測・管理

タンク残量をIoTで見える化!
配送コスト削減へ

タンク残量をIoTで見える化!
配送コスト削減へ

タンク残量確認や配送業務でお悩みではありませんか?

  • 人手不足でタンク残量を
    確認して回る
    のが大変

  • 燃料高騰により配送コストが
    大幅に増加
    している

  • 2024年の時間外労働規制
    配送を続けられるか心配

簡単設置の『みるタンク』で残量確認や配送業務を効率化。人手不足も解消します。

みるタンクとは

タンクのセンサーと「みるタンク」端末を接続することで、タンク内の残量を自動計測し、データをクラウドへ送信。クラウド上で残量を確認できるため、タンク残量の巡回確認が不要、配送も効率化することができます。

システムイメージ

みるタンク、3,000カ所に導入頂いています!(※2023年10月現在)

配送の効率化により、配送タンクローリー車の台数削減、配送コストが削減できた!など
導入いただいたお客様から嬉しい声を頂いています。

選ばれる理由

補充タイミングをお知らせ

補充タイミングをお知らせ

事前にタンク残量のしきい値を設定することで、指定されたメールアドレスへアラームメールを通知。最適な補充タイミングを知ることができます。

ムダのない、最適な配送ルートをお知らせ

最適な配送ルート

タンク残量データをAIが分析して、ムダのない最適な配送計画を自動で作成・提供。配送ご担当者様は、お手持ちのデバイスに届いた配送ルートに沿って、ムダのない配送をすることができます。

低コストで、簡単すぐに運用できる

低回線コスト、低消費電力のLPWA回線を利用することで、低コストで運用できます。
また、内臓電池駆動なため電源工事が不要、防水筐体で場所を問わず設置でき、すぐに使うことができます。

活用例

「みるタンク」はさまざまなセンサーに接続でき、液体・粉体・気体の残量の計測が可能。業種問わず活用できます。
また、出力信号が「みるタンク」と合えば、既にご利用中のセンサーにも接続できます。

工場

処理水タンク、燃料タンク

農業

ビニールハウス重油タンク、ペレット

漁業

重油タンク

医療

高圧ボンベ、ガス(酸素・窒素)

その他

貯水タンク

IBCタンク(薬品など)

食用油タンク

温泉の源泉井戸の水位計測

【活用事例】JA西都農業協同組合様、配送労力を40%削減!

ハウス栽培が盛んなJA西都様では、館内のハウス加温用の重油タンクを約2,000基管理しています。しかし近年、人手不足により給油業務を外部委託に頼ることが増え、さらに巡回先や配送ルート選定をドライバーの長年の経験や勘に頼っていたため、労力やコスト増加が課題となっていました。
そこで、重油タンク残量監視に「みるタンク」を導入いただき、業務効率の向上と、配送ルートの効率化を実現。 配送先の全タンク残量把握により、日々変動する原油レートに適した購買業務が可能となり、全体として大幅なコスト削減に成功しました。
特に、難しいセンサーやITの専門知識がなくても導入運用できることが喜ばれています。