NEWS

― 官民連携により、社会インフラとして本格的な展開が始まっています ―

スマートバス停、いよいよ本格導入フェーズへ。熊本駅前に9カ所導入決定!

2020年09月16日

IoTによるビジネス変革を推進している株式会社YE DIGITAL(本社:北九州市小倉北区 代表取締役社長:遠藤直人、以下、YE DIGITAL)と、西鉄エム・テック株式会社(本社:福岡市中央区 代表取締役社長:前川義広)とが共同開発したIoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」が、熊本駅白川口駅前広場9か所に採用され、2021年4月より運用を開始することになりました。
 

熊本駅白川口駅前広場 スマートバス停設置イメージ図 ※1


今回、熊本市では国土交通省の屋外広告物条例ガイドライン改正に伴い、「熊本市屋外広告物条例」が改正され、屋外広告物禁止地域内のデジタルサイネージであっても、時刻表等の公益上必要な施設の維持に広告収益を充てる場合は、広告掲出が可能となりました。これに伴い、広告収益の一部をバス事業者が、スマートバス停の維持管理に充てることができるようになりました。この度の熊本駅白川口駅前広場への採用を皮切りに、地方自治体様との官民連携強化を図り、スマートバス停の社会実装を進めて参ります。

熊本駅周辺の再開発とともに、熊本駅白川口駅前広場もJRや市電、バスなど公共交通の交通結節点として、乗換利便性を高めるため、乗降場の整備が進められています。また、機能的で開放的な空間にするため、見やすい案内サインの設置やイベント開催ができるようなスペースを設けるなど、賑わい溢れる場になるよう計画されています。

バス乗降場7か所におけるスマートバス停の運用は熊本県内のバス事業者5社(熊本都市バス株式会社、九州産交バス株式会社、産交バス株式会社、熊本電気鉄道株式会社、株式会社熊本バス)にて行われます。尚、広告代理店として、バス事業者がJR九州エージェンシー株式会社と協議を進めております。

加えて、熊本駅前電停2か所の運用は、熊本市交通局が行います。

YE DIGITALは、より活気あふれる街づくりに向け、スマートバス停の導入事例を積み重ねることで、お客様利便性の拡充と公共交通ネットワークの発展に貢献して参ります。

※1イメージ図は、熊本市より提供(※現在検討中の内容を含むため、今後変更になる可能性が有ります)。
※「熊本駅白川口駅前広場整備事業」については、熊本市HP(以下Webサイト)をご参照ください。

熊本駅白川口(東口)駅前広場整備事業について

① スマートバス停の掲示イメージ

(※筐体デザイン及び表示内容はイメージであり、変更する可能性がございます)。
スマートバス停とは(参考)
デジタルサイネージにバスの運行時刻表はもちろん、その他の告知文や広告などをリアルタイムに表示できるバス停のことで、特定の曜日や時間帯の時刻を大きく、わかりやすく表示できるなど、お客様の 利便性向上にも寄与する機能を備えています。また、遠隔で操作できることから時刻表等の貼り替え作業が不要となるため、働き方改革にも効果が期待されます。
2018年からスマートバス停の実証実験を始め、現在では全国23箇所へ導入が進んでいます(※2020年9月16日現在)。

② 熊本駅白川口駅前広場 イメージ図 ※1



※1イメージ図は、熊本市より提供(※現在検討中の内容を含むため、今後変更になる可能性が有ります)。

③ 設置場所(熊本駅白川口駅前広場 9カ所)

関連リンク

スマートバス停クラウド MMsmartBusStop