突然止まることが許されない
回転機器の故障を未然に防ぐ

回転機器劣化検知
ソリューション

回転機器劣化検知ソリューション 回転機器劣化検知ソリューション

\2分でわかる!/
ソリューションまるわかり動画

回転機器劣化検知ソリューション

上記の動画をご覧いただくとお分かりいただける通り、『回転機器劣化検知ソリューション』は、生産工場やプラント設備の突発的なトラブルを防止するだけでなく、コントロールされた計画的な保守、関連コストの引き下げなど、ライン全体の生産性をアップする効果を期待できます。特に、

  • 年数の経った重要設備がある
  • 保守コストが年々増加している
  • 振動センサによる故障予知の限界を感じ頓挫してしまった

といった事にあてはまる場合は必ずやお役に立てるのではないかと思います。

回転機器劣化検知ソリューション

CASE1
予期せず停止することが許されないプラント設備がある

ケミカルや製薬、石油産業など、特に大規模なプラントにおいて、一度でも突発的な停止が起こると甚大な影響が出る業種様には、特に導入メリットが大きいと言えます。 

回転機器劣化検知ソリューション

CASE2
監視や点検が困難な場所に重要設備がある

回転機器劣化検知ソリューション
  • 遠い場所、高い場所などアクセスが悪い場所にある設備
  • 高温や有害物質など危険な場所にある設備
  • 操業を止めないと点検できない設備
  • 有資格者でないと立ち入ることができないなど、属人性の高い作業場所の設備
  • 複雑な配管、電源回路を伴う設備
  • 点検そのものが別の故障を誘発するリスクがある設備

こういった場所にある機器や設備の点検やメンテナンスは単純に人が異常に気づく機会が少ないことに加え、無人の監視システムを導入する場合でも通常機器より設置コストが膨らみがちです。
そのためどうしても相対的に保守が手薄になりがちとなり、故障リスクの高い状態で稼働している事が少なくありません。こうした機器に対しても、常時遠隔監視が可能な回転機器劣化検知ソリューションは大きな効果をもたらすことができます。 

CASE3
過去に故障モニタ体制が頓挫してしまった事がある

IT化の波にあわせて、すでに旧来のセンサによる故障モニタリングを導入されている現場は少なくありません。しかしながら、主流である振動センサによるモニタリングは、導入や運用にあたり専門性が求められることや、ノイズの影響を受けやすいという特徴により、求める精度を実現することが難しいものでした。
比較表にまとめると次のようになります。

回転機器劣化検知ソリューション

いかがでしょうか?

もし1つでもピンと来ることがありましたら、ぜひ詳細をご確認ください。

回転機器劣化検知ソリューション

お客様の立場に沿った課題解決をご提案いたします。

  • 製品詳細を確認する

    • 導入事例を見たい
    • 細かい仕様を知りたい

    MMCloud製品ページにてご案内いたします。

  • さっそく相談してみる

    • 自社の環境に導入できる?
    • 既存設備との連携は?

    どうぞお気兼ねなく、お問い合わせください。

いよいよ『前兆検知』が実現する時代

回転機器劣化検知ソリューション
AEセンサで捉えるのは、監視対象機器が発する弾性波と呼ばれるものですが、旧来の振動センサや温度センサが捉える事ができるのは、実際に内部でグリス切れや劣化が進み、物理振動や摩擦による温度上昇として表面化した、いわば二次事象を捉えているにすぎません。

そのため、振動センサや温度センサに異常が検出される頃には、すでに故障寸前ないし緊急保守が必要となってしまっている場合がありました。

これに対しAEセンサが捉える弾性波は、物質に大きな歪みや圧力がかかった段階で発生します。この波を検出することにより、実際の破壊や故障が発生するさらに前の段階の一次事象を捉える事に成功したのです。

さらに、最先端のIoT技術により、この検出データを完全無人の常時遠隔監視することで、これまでの振動センサでは検出できなかった精度で24時間、人間の勘に頼らずに予知保全体制を構築する事が可能になったのです。
回転機器劣化検知ソリューション

回転機器劣化検知ソリューション

なぜ生産性向上につながるのか? 

既存センサの熱や振動といった二次事象ではなく、物体破壊時に発生する直接現象を捉えることに成功したためです。この検知精度により、予期しない設備不良や停止を防ぎ、常にコントロールされた保守計画の実現に導きます。

これにより、期待効果として、「工場プラントの不良率30%減」「ダウンタイム20%改善」などのシミュレートがすでに行われています。 

設置環境に左右されにくく設置が容易

センサの大敵であるのが「ノイズ」ですが、応力波の優位性と独自の解析技術により、周辺環境から干渉を受けやすい機器の前兆もしっかりと検出します。

採用されたAEセンサは設置環境やノイズの影響を受けにくいため、「劣化を検知したい箇所に単純取り付けするだけで性能を発揮します。そのため、干渉配慮や解析設定が必要な旧来の振動センサなどに比べ、「難しい専門知識なども必要とせず、取り付けも短時間で実現します

回転機器劣化検知ソリューション

超低回転機器(1~100rpm)の常時計測も可能

たとえば風力発電設備やプレス機、射出成型機などをはじめ、これまでは振動センサでは検知が不可能だった超低回転機器の劣化予知にも完全対応。既存検査や計器の代替手段として大きな期待が寄せられています。 

ご覧のように低回転設備は往々にして大型設備であり、万が一の停止による操業インパクトが大きいため、こうしたリスクに対して大きな主導権を握ることが可能になります。 

回転機器劣化検知ソリューション

IoTプラットフォーム『MMCloud』による省人化が実現!

各AEセンサは独自技術ネットワークに常時接続され、遠隔監視とリアルタイムのアラートを提供します。そのため、属人性を排除した安定的な監視が実現します。制御室から離れている機器や、人手による点検が危険な場所に設置されている機器などは特に恩恵が大きくなります。 

今回の基幹技術となるIoTソリューション『MMCloud』は、大手企業や公官庁にも採用されている、汎用性と拡張性を兼ね備えた、すべてのIoTの土台となるプラットフォームです。そのため、むしろ余分なIT設備など入っていないプレーンな状態へ導入するほうが、もっとも費用対効果の恩恵を受けることができるとも言えます。

つまり、はじめてのIoTにはもってこいの存在なのです。

もちろん既存のIT設備を活かした連携も可能ですので、詳細はお気軽にお問合せください。

貴社ビジネスの未来のために今、できること。

ご紹介した予防保全ソリューションは、貴社の予知保全の実現の大きな一歩となると自負しております。なぜなら今後は、新たな設備導入よりも、今切れる経営資源カードをどう最適化するかという限られたパイの中での生産性向上や競争力アップを求められるからです。

その中で最適な予防保全は、貴社の生産性向上に直接的な寄与が期待できます。

たとえば、期待効果として「工場プラントの不良率30%減」「ダウンタイム20%改善」などがシミュレートされています。もしこの成果を他の方法で実現しようとしたらどれほど大変な事かは、現場を知り尽くした貴社であれば容易に想像が付くかと思います。

それが、AEのセンサとIoTの相乗効果により実現する時代が訪れました。

ですのでぜひこの機会に詳細をご確認いただき、この大きなアドバンテージを手に入れてください。

ビジネス変革をIoT技術で支援いたします。

  • 製品詳細を確認する

    • 導入事例を見たい
    • 細かい仕様を知りたい

    MMCloud製品ページにてご案内いたします。

  • さっそく相談してみる

    • 自社の環境に導入できる?
    • 既存設備との連携は?

    どうぞお気兼ねなく、お問い合わせください。