株式会社YE DIGITAL|RECRUIT SITE

ENTRY

INTERVIEW 社員インタビュー

Yotsuji Ayako

組込・制御システム本部
第1システム技術部

2008年 入社

母という立場から、
新しい”働く”の可能性を広げていく

入社を決めた理由

きっかけは福岡県で働けること
会社を知れば知るほど入社したくなりました

就職活動を始めた際には、当社は候補に入っておらず、他に内定をもらっていました。ですが配属が東京と言われ、福岡を離れたくないと考え、就職活動を続けていました。その時、当社が2次募集を行っており、福岡で働けるかも!と思い、志望したのがきっかけです。志望した時は、IoTやAIなどの知識はありませんでした。入社を決意したのも在学していた大学の就職指導より勧めてもらったからでした。私はソフトボールの経験があったのですが、当時の総務部長がソフトボールをされていて、意気投合したことをよく覚えています。何事もご縁が大事なんだなと感じました。

育児休暇(育休)から復帰したときに感じたこと

最初は悩むことの連続
親にサポートしてもらいながら夫婦で協力して育児を
今では、スムーズに業務へ

1人目の育休後、最初は悩みました。仕事のバランスをうまく取れなくて、帰りの車でよく泣いていました。能力的にはできても時間がなくて出来ないということが続き、苦しかったです。
私の考えは最初、育児と仕事は50:50で行うものだと思っており、それがうまくいかずに悩んでいましたが、それは間違いで、状況に応じて比重を変えてもいいんだということに気づきました。親や周りに助けてもらい、夫婦で家事や育児を協力してワーク・ライフ・バランスの取れた業務が可能となりました。
2人目のときは1人目のときに業務とのバランスの取り方にも慣れていたため、スムーズに職場へ復帰できましたね。いま私がバリバリ働けているのは、親のサポートがあるからに他なりません。

ワーキングマザーにとってあって良かったと思う制度

ライフ・スタイルに応じて
会社が支えてくれる制度で安心感

私が1番良かったと思う制度は“テレワーク制度”ですね。どうしても育児との両立を行う上で、通勤が厳しいときもあるため、この制度はかなり助かっています。必要に応じて“時短勤務制度”も利用していますし、どうしても残業が必要な場合も在宅で対応可能なため、育児や家事を行いながら仕事に取り組む事が出来ます。
会社としてもワーキングマザーを応援してくれており、現在働く上で課題になっていることをヒアリングしてくれて、解決するためにいろいろと動いてくれます。ライフ・スタイルに応じて働けるように改善してくれるので、安心して働けています。育児は孤独を感じることも多いですが、ちゃんと会社が見てくれていて改善に動いてくれる、というのはとても心強いです。

キャリアパス

  1. 入社1年目
    半年弱の研修期間で同期とたくさん遊び、浴びるようにお酒を飲む。同期との固い絆を作れた。
    組込事業部配属後、好景気だったので、激務。体当たりで基礎を学ぶ。
    激務できつかったが若さで乗り切る。
  2. 入社2年目
    後輩の指導をしたり、プロジェクトリーダを任されるようになる。
    QCDを意識してプロジェクトを進めるようになる。
    (辞めたくなるが同期と大好きな先輩のおかげで踏みとどまる。)
  3. 入社3年目
    結婚。名前が変わる。
    グループリーダになり、管理面の数字も求められるようになる。
    (精神的にきつかったが同期のおかげで持ちこたえる。同期は宝。)
  4. 入社
    4~5年目
    お客様との信頼関係も強くなり、様々な提案をさせていただけるようになる。
    5年目で出産を経験する。そして母になる。
  5. 入社
    6~11年目
    復職後、育児とのバランスに悩む。
    義母と育児に協力的な夫のおかげで復職して1年弱でグループリーダに戻る。外注先を増やすなど、メンバの負荷調整に力を入れ働きやすい環境をめざした。
    12年目で2人目を出産。
  6. 入社13年目
    復職後、1人目出産のときに育児とのバランスのとり方を学んでいた+義母と夫の協力がより強化され、半年でグループリーダに戻る。
    現在は受注活動に力を入れている。

一日のタイムスケジュール

  1. 7:30

    出社(時差出勤)

    朝は夫が子供を起こす~保育園へ送るまでを担当するので、私は起きて弁当作ったら早めに出社。
    メールや社内便のチェック。

  2. 10:00

    後輩への指導

    同じプロジェクトの後輩と資料のチェック・レビュー

  3. 12:00

    昼食・休憩

    同期と社内の休憩スペースで昼食。

  4. 15:00

    上司への報告

    プロジェクトの進捗状況や課題を上司へ報告・相談

  5. 16:30

    提案準備

    1日の仕事を整理して帰宅の準備。
    下の子の保育園のお迎えは間に合わないので、義母にお迎えをお願いする。
    義実家に寄った後、上の子を学童へお迎え。

休日の過ごし方

休日には、家族でソフトバンクホークスの応援!
たまに球場へも足を運びます。

学生のみなさんへ

当社はここ10年で「本当の意味でのダイバーシティが実現できている会社」に急激に変わってきていると感じます。ワーキングマザーが不満を上げれば、それをどうやって改善しようか、と動いてくれる人たちがいます。この10年で在宅勤務や時間単位での休暇取得など、色々な働き方ができる制度が新設されています。
10年前だったら子育てしながら管理者をするなんて私には無理だと思っていましたが、今は女性管理者も増えてきて、そんなカッコいい女性のそばにいると自分も少しでも近づきたいと思うようになりました。
ライフイベントに応じて働き方を柔軟に変えられる事が、当社の1番の魅力だと思います。この想いに共感された方は是非、当社を志望してもらえると嬉しいです。