株式会社YE DIGITAL|RECRUIT SITE

ENTRY

INTERVIEW 社員インタビュー

Riku Kashiyama

ソリューション営業本部
公共・文教営業部

2018年 入社

一緒に仕事がしたい、できてよかったと思われる
そんな人材になりたい

入社を決めた理由

福岡県内で働きたい
優れた技術力を持っている点に魅力を感じ入社

私は就職活動中に“製造業”“福岡県”で働きたいと考え、福岡県内に本社を構えている製造業の企業を志望していました。そして自分自身のスキルや性格を鑑みて、営業職が向いていると考え活動方針としました。当社に出会ったのも、合同会社説明会にて、製造業向けのIoTやAI等の特定の分野で優れた技術力を持っている点に魅力を感じ、更に自分の希望している地域正社員制度の内容が充実しており、志望しました。私はIotやA Iなどの知識は全くありませんでしたが、自社製品での提案が出来ると聞いた際に、1番魅力的に感じました。
入社を決意したのも、入社前に社内見学をした際に、先輩社員が働かれている姿が輝いているように感じ、製造業である安川グループの関連会社として培ってきたノウハウが学べると考え決意しました。

仕事内容とやりがい

クライアントの課題やニーズを
自社製品を通して解決を導く時、
やりがいを実感

仕事内容は、全国市町村の教育現場向けに自社のセキュリティ製品等を提案・販売することです。
市場が大きく、多くの自治体(クライアント)に対して営業活動ができることがやりがいと感じています。
自治体毎に課題やニーズは異なり、自社製品がどのように活用出来るか紹介し、寄り添った提案をすることが私自身は大事だと考え、提案に納得頂けた時に喜びを感じ、課題やニーズに対して、自社製品がお役立ち出来た時、嬉しく感じます。
この仕事を通して、自社製品が導入されている自治体の児童・生徒さんが安心安全に授業を受けられていると話をもらった時に、1番嬉しくなりました。

当社の魅力

若手が発言できる雰囲気
わからない事があったら、
親身に教えて貰えるフランクな職場

職場の方々は先輩・マネージャ含め面倒見が良く、職場の雰囲気や人間関係は良いと思います。現在所属しているチームは上長や先輩の年齢が離れており、私含め若手と先輩方と中間層がいない為、両極端となっていますが、社風として若手が発言しやすい空気となっており、意見を聞いて貰える環境が自慢です。分からないことがあった際に丁寧に教えてもらえる環境でありフランクな職場です。
>入社して間もない時、不明点があった際に遅い時間まで先輩に教えてもらったことが良い思い出です。

キャリアパス

  1. 入社1年目
    ソリューション営業部 西日本第一営業部に配属。
    営業の基礎知識とIoT/AIについての知識を学ぶ。
  2. 入社2年目
    一人でお客様先へ訪問することも増え、自分自身の予算も持ち、営業マンとして一層責任を持って活動することが求められる。
  3. 入社3年目
    ソリューション営業部 公共・文教営業部に異動。
    新しい分野(市場)での営業活動となり、これまでとはまた違う知識を学ぶ。
    ITパスポートは取得。
  4. 入社4年目
    異動してきて2年目となり、新規顧客の開拓を求められる立場に。

一日のタイムスケジュール

  1. 8:00

    出社

    机の上や身の周りの整理。
    今日行う業務の整理。

  2. 8:45

    ミーティング

    部内にて案件の進捗状況の共有やその他の情報共有等を実施。

  3. 11:00

    顧客訪問orWeb会議

    顧客の課題に対して提案等を実施。

  4. 12:00

    昼食・休憩

    チームメンバと昼食をとります。

  5. 19:00

    帰宅

    今日一日の活動報告と明日活動について整理。

休日の過ごし方

休日には、所属している社会人サッカーチームでサッカーを楽しんでいます。

学生のみなさんへ

私は就職活動を行う上で、「何を実現していきたいか」「どんな社会人になりたいか」と意識することが大事だと思います。これから40年間の社会人生活を送るうえで、後悔がないように就職活動をしてほしいので、自分の意思でやりたいと思った気持ちやこだわりを持って挑むと、後悔のない就職活動が出来ます。
当社は会社の技術力や福利厚生などはトップクラスだと私は考えており、入社後もオンライン教材などで多くのことが学べ、プレミアムフライデーやプラチナホリデー、5連続休暇など休日・休暇の制度が充実しており、仕事との“メリハリ”が効いた企業です。多くの企業がある中で、YE DIGITALを選んでいただいて、一緒にお仕事が出来れば嬉しいです。