NEWS

安川情報システム、トレンドマイクロのネットワークセンシング技術を搭載した“工場向け”不正通信検知サービスを発売

管理者へのインシデント通知で、早期対応を実現。生産影響を最小限に

2018年1月16日

IoTによるビジネス変革を推進している安川情報システム株式会社(本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:諸星 俊男)は、工場向けセキュリティソリューション「MMsmartSecurity」の第1弾として、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:エバ・チェン)の保有するネットワークセンシング技術を搭載した、不正通信検知サービス「MMsmartSecurity FS-Eye」を本日発売します。

本サービスは工場内にエッジPC「SecurityEdge」を設置し、クラウドからセキュリティ監視を行うサービスです。工場内の制御情報ネットワークをトレンドマイクロの技術を用いて常時監視し、不正通信を検知すると管理者にシステムからメールでアラート通知、またお客様サービスセンターから電話でインシデント通知を行います。それにより、重大なインシデントに発展する前にお客様が早期対応できるようになり、工場生産への影響を最小限に留めることができます。また、安川情報システムの製造業での知見を活かし、工場ネットワーク環境に影響を及ぼさない閉域網を用いるなど、セキュアで、工場に導入しやすいサービス構成としています。

「MMsmartSecurity」は、今後もラインアップを続々リリース予定です。工場のセキュリティも含めたスマートファクトリー環境の提供を進めてまいります。

今回のサービス発売にあたり、トレンドマイクロ株式会社より以下のエンドースメントをいただきました。


【トレンドマイクロ株式会社のエンドースメント】

トレンドマイクロは、安川情報システムの「MMsmartSecurity FS-Eye」の発表を歓迎いたします。既存環境に影響を与えずに工場のサイバーセキュリティリスクを監視することは、多くの工場が持つ共通のニーズです。多くの工場に実績を持つ安川情報システムとトレンドマイクロのネットワークセンシング技術が連携することにより、より多くのお客様が工場のセキュリティを強化できることを確信しております。トレンドマイクロは、今後も安川情報システムとの協業を深め、工場のセキュリティ強化を支援してまいります。

トレンドマイクロ株式会社  取締役副社長  大三川 彰彦 様

「MMsmartSecurity FS-Eye」運用イメージ

「MMsmartSecurity FS-Eye」運用イメージ

  • 通常時
    ・トレンドマイクロのネットワークセンシング技術を搭載。精度の高いエンジンを用いて、パケットを監視。
    ・クラウドでログを分析し、サイバーリスク状況をレポート。
  • 異常検知時
    ・クラウドから管理者へメールでアラート通知。
    ・お客様サービスセンターから管理者へ電話でインシデント通知。
    ・管理画面から感染状況、内部拡散状況を確認。端末を特定。
  • サービス構成の特徴
    「SecurityEdge」は工場での使いやすさを考慮しており、現場で安心してご利用いただけます。
    ・ネットワーク環境の変更は不要。万が一、本機が故障しても、工場ネットワークに影響は及ぼしません。
    ・「SecurityEdge」を現場に設置することで、クラウドへの通信量を削減
    ・「SecurityEdge」は過酷な環境に耐えうる設計。工場での使用も安心

トレンドマイクロ 「ネットワークセンシング技術」の概要

気付くことが難しい標的型サイバー攻撃やゼロデイ攻撃を、ネットワーク上の振る舞いから見つけ出すことで迅速な対処を可能とし、被害の深刻化を防ぐための技術です。攻撃の初期段階から内部の拡散、外部への通信に至る攻撃フェーズにおいて、不正なファイルや通信の検知に加え、管理ツールを悪用した攻撃まで発見します。スループットや応答性が要求される工場内ネットワーク通信において、システムの通信に影響を与えることなく脅威を可視化します。



関連リンク



本発表に関するお問い合わせ

安川情報システム株式会社  マーケティング本部  マーケティング企画部
電話 :(093)622-6139
FAX :(093)622-6117