NEWS

工場向けに特化したセキュリティソリューションで、経営リスク軽減に貢献

既存環境の変更ができないなどの、IoT化を進める工場現場の抱える課題に対応

2017年12月19日

IoTによるビジネス変革を推進している安川情報システム株式会社(本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:諸星 俊男)は、工場向けのセキュリティソリューション「MMsmartSecurity」シリーズを2018年1月から順次発売開始。特有の状況から対策が遅れていた工場現場のネットワーク・セキュリティを高め、製造業における経営リスクの軽減への貢献を目指します。

「WannaCry」などのサイバー攻撃が猛威を振るう中、工場におけるセキュリティ対策の重要性が叫ばれるようになってきました。ですが、工場にはオフィスと異なる下記のような特有の課題があり、導入は進んでいません。そこで、創業以来製造業のお客様の支援をしてきた当社が、工場現場の知見を活かし、工場に導入しやすいセキュリティソリューションを提供いたします。




「MMsmartSecurity」は情報系ネットワーク、コントロールネットワークなど、工場内のネットワークレイヤー毎に必要となる機能をラインアップ予定。ネットワークを常時監視するとともに、クラウドと連携して取得情報を監視・AI分析することで、脅威を「見える化」し、管理者に異常を通知します。また、クラウドから最新の定義ファイルを配信することで、最新の脅威にいち早く対応することが可能となります。

IoT化が進む工場において、セキュリティ対策は不可欠です。当社はお客様のIoTによるビジネス変革を支援するとともに、お客様をサイバーリスクから守るお手伝いを強化していきます。



関連資料

  • 「MMsmartSecurity」について
         クリックするとPDFが表示されます。


本発表に関するお問い合わせ

安川情報システム株式会社  マーケティング本部  マーケティング企画部
電話 :(093)622-6139
FAX :(093)622-6117