NEWS

安川情報システムがLTE対応のIoTゲートウェイ製品「MMLink-GWL」を販売

マルチキャリア対応で高度なネットワーク機能を搭載

2017年4月25日

IoTによるビジネス変革を推進している安川情報システム株式会社(本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:諸星俊男)は、IoT/M2M向けモバイル通信アダプタMMLinkシリーズのラインナップとしてマルチキャリア・LTE対応のIoTゲートウェイ製品「MMLink-GWL」(エムエムリンク ジーダブリュウエル)を2017年4月21日より販売しました。

「MMLink-GWL」はLTEルータとして高速大量通信を低遅延で行うことができるため、動画配信などにも対応可能です。さらに、搭載するVPN機能により安価なインターネットSIMでのセキュアな通信を実現します。

また、ユーザアプリケーションのカスタマイズも容易で、産業機器とその上位システム間でのデータ受け渡しに必要な通信プロトコル変換を行うIoTゲートウェイとして利用できます。その収集したデータを一次分析し、必要な結果のみをクラウドシステムへ送信するためのエッジコンピュータとしての利用も可能です。

産業設備で多く用いられているRS-232C/485インターフェースを搭載しており、IP通信機能を備えていない産業設備を容易にネットワークに接続することが可能となります。

産業界ではIoTによるスマート化実現に向けた動きが加速し、設備機器の多様化に加え、通信回線、データを管理、活用する上位システムの多様化も進んでおり、それらをシームレスに接続する通信機器が求められています。「MMLink-GWL」はそのニーズにお応えできる製品です。

安川情報システムは、IoTソリューションをワンストップで提供することで、お客様のスマート化を支援してきました。これからも、IoTの間口を広げる活動を推進し、スマートな社会の実現に貢献して参ります。

なお、2017年5月10日から東京ビッグサイトで開催されるIoT/M2M展において、本製品をはじめ当社の提供するスマートソリューションを出展し、スマートファクトリーに向けた取り組みをご紹介いたします。



関連資料

  • MMLink-GWL
         クリックするとPDFが表示されます。


関連リンク

マルチキャリア対応LTEゲートウェイ MMLink-GWL



本発表に関するお問い合わせ

安川情報システム株式会社  マーケティング本部  マーケティング企画部
電話 :(093)622-6139
FAX :(093)622-6117